クレマチスをお探しですか?最新の記事

クレマチス ホワイトプリンスチャールズ

ホワイトプリンスチャールズは、6月から9月位に花を咲かせる、
少し遅咲きの大輪。


プリンスチャールズは、他にも青系がありますが、
どちらかというと、青の方が一般的かもしれませんね。


14.jpgビチセラ系のクレマチスで、淡い藤色から白色へとだんだんに色を変えていくのが美しいですよね。

夏にも強く、初心者にも育てやすいので、
おすすめのお花。

フェンスや垣根に向いてます。


小さな赤いバラと一緒にフェンスに咲かせるのがいいかなって思ってます。

青系プリンスチャールズと合わせてももちろん素敵。


花期は、6月から9月。
夏の間に青と白の花が見ることができて、
なんか涼しげですよね。


苗は、近くの園芸店では見つからないという場合は、
通販でも購入できますね。

大手なら扱ってます。

たいてい、


クレマチス モンタナ

愛すべきクレマチスの中でも、
特に代表格といえるのがこのモンタナでしょう。

01.jpg大輪が好きな方は、「少し物足りない・・・」と思うかもしれませんが、


違うんです。


このクレマチスモンタナは、ほかのクレマチスと合わせて咲かせるのが素敵なのです。


モンタナは淡いピンクや白の花が多いので、
他の花と合わせると、
そうですね、

ちょうど花束でいうところの・・・「かすみ草」
といったイメージで考えて見てください。



クレマチスモンタナ
学名 : Clematis montana var.rubens
キンポウゲ科 耐寒性低木(つる性)落葉樹
原産地 : 中国など
花径 : 約6cm
花期 : 4?5月



つるは5メートルから8メートルくらいまで伸びますので、見事なカーテンに見えます。
耐寒性がありますが、暑さにはあまり強くないので、半日陰で育てるといいでしょう。


クレマチスモンタナには、

エリザベス
、ルーベンス、スノーフレーク、ベラなどの種類があります。


スノーフレークは、耐寒性に優れていて、初心者にも育てやすいクレマチスです。白い花が優しく先、イングリッシュガーデンを彩ります。



ベラは、4月の中旬ごろ花が咲き、淡紫ピンク色で花芯は黄色です。
バニラの香りがほんのり香り、ガーデンにを彩ります。




クレマチスはお好きですか?

多くのファンを持つ、クレマチス。
日本だけではなく、世界中で愛される花。


クレマチスはつる科の植物で、「「蔓性植物の女王」とも呼ばれています。


その種類は、今では300種以上といわれ、
日本をはじめ、中国や、ヨーロッパ、アメリカど世界各地に分布しています。

日本では、「テッセン(鉄線)」という名で昔から愛されているのもこのクレマチスの一種。
また、「カザグルマ(風車)」もクレマチスの一種です。


クレマチスの花は大輪で、
とても美しく、何種かの花が咲き乱れた庭は、本当にきれいです。

ファンの中では、珍しい品種を求める方も多く、
専門の通販店などもあります。



つる科の植物ですので、オベリスクやアーチなどに絡めたり、
フェンスや垣根に這わせるのも素敵。


クレマチスが咲く庭は、他の草木はいらないかなあと思います。
クレマチスがあまりに見事に咲いてしまうので、
ほかの小さな花たちは、ちょっとかすんでみえてしまうんですよね。



色も、白、紫、ピンク、青と、いろいろ。
種類をうまく組みせれば、一年中、花を絶やさないこともできますね。



一度はまるとなかなか抜け出せない・・・「クレマチスの魅力」


あなたも堪能してみませんか?

クレマチスをお探しですか?について

大好きなクレマチスや季節のガーデンのお話と、おすすめ通販ショップ・通信販売の紹介など。クレマチスの魅力を語ります。
クレマチスのショップ


クレマチスショップ

カテゴリー
スポンサードリンク

更新履歴
クレマチス ホワイトプリンスチャールズ
クレマチス モンタナ
クレマチスはお好きですか?